江戸時代に流行った脚気はビタミンの不足が原因

健康的な食事をしない人が増え、「脚気症候群」が増えている

実際においしいのは産卵後のグリコーゲンがふえる冬ですが「土用しじみは腹薬」といって、夏バテ防止にもすすめられてきました。また、「黄疸にしじみ汁」と伝えられてきましたが、しじみはメチオニンやシスチンなどの必須アミノ酸、タウリンなどのアミノ化合物、ビタミン脱や翫を豊富に含むので、肝機こうしん能を充進させる作用が期待できます。このほかカルシウムが多く、リンとの比率も良好です。

また体内でビタミンDに変わるプロビタミンDや亜鉛も豊富なので、非常にカルシウムの吸収率のよい食品といえます。骨の老化防止やストレスの解消に役立ちます。さらに鉄が非常に多く、鉄の吸収を高める銅も多く、前記のアミノ酸やビタミン翫との相乗作用で、貧血予防に効果的です。しじみは、みそ汁として食べるのが味、栄養面ともに最高。しじみは一晩、真水につけて砂を吐かせます。出し汁にみそを入れ、しじみを加え、口が開いたら火を止めます。

麦めしで慢性疲労やこりを防ぐ。江戸時代に「江戸わずらい」という原因不明の奇病が流行しました。全身が非常にだるく、足が重くむくみ、しだいに歩けなくなるという病気で、町に働きにきていた若者が病気になり、田舎へ帰ると不思議と治り、町に戻るとまたわずらうといわれていました。当時、農村では玄米を少し乾かした米に、大麦、あわ、ひえ、そばなどを混ぜた雑穀が主食でしたので、白米に不足したビタミンB群が補えたのです。つまり「江戸わずらい」は脚気でした。戦前は、ビタミンBの少ない白米に、副食は漬物とみそ汁程度で、エネルギーの大半を主食の白米からとっていたので、「脚気」は国民病でした。
はじめてのヘッドスパだったので色々な美容院のホームページを見て比較していたのですが、二子玉川 美容院の頭皮クレンジング&トリートメント40分3000円がお得でした。


ビタミンDのエルゴステリンも含みますが、これはカルシウムの吸収を高め、骨軟化症の予防に不可欠な成分です。また微量ながらレシチンを含み、これちんちやくは血管壁に沈着した脂肪のアカをとり除く作用があります。さらに不溶性食物繊維と、レシチンとの相乗作用で、血中のコレステロールや中性脂肪をおさえる働きもあります。

独特の香りと旨味が食欲を高めるので、蒸し物料理やいため物などに加えて、味、栄養ともに上手に活用していきたい食品です。抵抗力を高め、元気を養うつるむらさき。つるむらさきは、熱帯アジアで広く食べられている野菜で、英語ではインディアン・スピナッチとか、セイロン・スピナッチといいます。スリランカでは2千年も昔から食べられていたということです。

新着情報
2013/05/15 Recommendを更新しました。
2013/05/11 新着記事を更新しました。
2013/05/10 夏バテ防止に活用を更新しました。
2013/05/07 涼を呼ぶ野菜を更新しました。
2013/05/05 簡単にできる疲労回復料理を更新しました。
2013/05/03 麦めしの作り方を更新しました。
2013/05/02 健康的な食事をしない人が増え、「脚気症候群」が増えているを更新しました。
2013/04/29 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
ヘルシーグッド健康食品・サプリメントならDHCケンコーコム
数百のメーカーの健康補助食品を、カテゴリーから選んで購入できる通販サイトです。健康食品のメーカーとして実績も豊富なのがDHCです。種類もたくさんあり値段もお手頃なのが魅力です。1万種以上の健康食品を取り扱う通販サイト。青汁からサプリメントまで幅広い品揃えがある。